主婦のパートと103万円の壁

主婦のパート、103万円の壁とは?損をしないパートの働き方。

a1

主婦のパートと103万円の壁について書いていきたいと思います。

103万円とは、主婦がパートやアルバイトで働く時に考えなくてはいけない年収のラインのことです。 103万円の壁のポイントは、自分が税金を払わなくていいか、旦那の扶養範囲内か、自分で社会保険料などを払わなくていいかの3つです。

ですが主婦でこの「103万円の壁」などを気にする必要があるのは、旦那さんがサラリーマンや公務員などに勤めている家庭の主婦だけのようです。もし旦那さんがフリーランスや自営業の場合は、収入は関係なく保険料を納める義務があるのです。

サラリーマンや公務員の家庭の主婦が働くなら、年収が103万円を超えてしまうと、所得税を納める義務が発生してしまうようです。ですが、年収が103万円を超えてしまったとしても、納める税金は数千円程度らしいのです。 ですが、数千円だとしても払わないようにしたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ここで注意した方が良いことは、年収が103万円を超えてしまうと、家族手当支給の対象外となる会社が多いようなのです。家族手当が充実しているようなら103万円以下に抑えた方が良いと思います。そうすると、主婦の合計手取り収入が高くなる可能性があるので、事前に確認しておくといいでしょう。

年収が103万円までであれば、全額控除になるので所得税は払う必要はないのです。何故かというと、年収103万円から必要経費103万を差し引くと所得が0(ゼロ)になるので、結果的に所得税を支払う必要がなく、103万円までであれば、配偶者控除を受けることが出来るので、旦那さんの所得税と住民税が安くなるようなのです。 配偶者控除は、主婦の年収が103万円以下だと、旦那さんの税金を計算する時に配偶者控除を受けることが出来るのです。 ここでのポイントは、主婦の「年収が103万円以下」の場合だけ配偶者控除を受けることが出来るということです。

また主婦の働き方やパート先によっては、今年(28年)の10月から社会保険に加入することが義務になってしまうようです。

ではどんな人が社会保険に加入する必要があるのかと言うと、従業員が501人以上で週20時間以上の勤務、月に88,000円以上の賃金(年収が106万円以上)、勤務年数が1年以上 の人とこの全てのことに当てはまる人が加入しないといけないようです。

もし全て当てはまってしまって社会保険に加入しなくてはいけなくなると、保険料を自分の収入から納めることになるので、社会保険料を支払う分だけ、手取りの収入が減ってしまうのです。 手取りの収入は減ってしまいますが、逆に将来自分がもらえる年金の金額が増えますし、何かあった時に傷病手当金や介護休業手当金が受け取れるようになるようです。

年収が106万円の壁に該当している人は、年収103万の壁は関係ないので、働けるだけ働けばいいかもしれません。

もし年収が103万円未満の場合は、基礎控除+給養所得控除の合計金額が103万円となりますので、こういった場合は、確定申告や年末調整によって支払った所得税が戻ってきます。

また交通費を含めて年収が130万円を超えたり、月収が108,333円を超えてしまうと、旦那さんの社会保険の扶養から外れてしまうのです。 パート先の社会保険に加入することができるのなら、106万円の壁の人と同様に納める保険料の分だけ手取りの収入が減ってしまうというデメリットも勿論ありますが、先ほど紹介したような年金の金額が増えたり、傷病手当金や介護休業手当金などが受けられるというメリットもあるということを覚えておくといいでしょう。 保険料の分だけ手取りの収入が減ってしまう働き損にならないためにも、働けるだけ働くようにすることも考えるといいかもしれません。

働いているパート先がもし小規模のところだったりすると、社会保険に加入が出来ないという所もあります。そうなると、自分で「国民年金保険料」と「国民健康保険料」を納める必要があります。この場合だと、もしかしたら働き方によっては最も損してしまう可能性があります。 自治体によって、国民健康保険料が異なりますが、月額5.000円程度かかりますし、国民年金保険料は15.020円程度かかるようです。この金額で合計を計算すると、月に約20.000円で年間で考えると約24万の負担が増えるのです。

そして国民年金を支払ったとしても、将来自分がもらえる年金の金額が増えるということは決してありません。また国民健康保険料は割り高なものの、傷病手当金や介護休業手当金などの制度はないようです。 ということは、130万円を超える見込みがないのであれば、130万円以下に抑えて働いた方がお得かもしれません。

また所得税において色々な控除があるのです。1番知られているのは、生命保険料の控除です。支払った生命保険料のうちから一定額を所得控除することが出来るようです。もし130万円の壁を超えっていたとしても、生命保険料控除によってそれを下回ることが出来れば、壁を超えていないという風に計算されるようです。

人の考えはそれぞれなので何とも言えませんが、多くの主婦の人が扶養範囲内で働こうと思う人の方が多いのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP