103万円の壁

103万円の壁とは?

a1

今回は103万円の壁とは、なんのことなのかを紹介していきたいと思います。

中には、まだよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 私も実際初めは、「103万円の壁」と言われてもよくわかりませんでした。

この103万円の壁とは、社会保険絡みの「106万円の壁」や「130万円の壁」と言うものとはまったく別の物です。 103万円の壁とは、所得税のかかる年収のラインのことなのです。 月額でいうと85,000円強ですが、あくまで1年間に支払われた給与の総額で、この高額の中には、交通費を省いて計算して良いようです。そして社会保険の算定には、交通費が含まれてしまうようです。 収入が103万円までだと、給与所得控除の65万円+基礎控除の38万円で103万円です。

103万円を超えてくると、超えた金額に5%の所得税がかかってくることになるのです。 例えば104万円の収入で、所得控除は他に何もない場合の所得税を計算してみると、 (104万円-103万円)×5%を計算すると500円になります。

税金をかけるのか、かけないのかは心境には大きな違いがあるものの、このラインを超えたからといって、すごい影響があるというものではないようです。

主婦の人が家計を助けるためにパートで働くような場合は、あなた自身の税金だけではなく、旦那さんの税金へ影響が出るのは、この103万円です。 旦那さんがあなたを扶養している場合は、所得金額が38万円以下なら38万円の配偶者控除というものを受けることが出来るのです。この場合は、所得金額と給与所得控除はしますが、基礎控除にしないようです。 38万円以下の所得にするには、103万円以下の収入にする必要があるということです。ですが103万円を超えたら配偶者控除の代わりに配偶者特別控除を受けることが出来るようです。 つまりは、103万円の壁のラインを超えてしまったからといって、一気にすごく破たんが増えるということではないようで、徐々に少しずつ増えていくと考えておくとわかりやすいと思います。

他に、103万円の壁のラインを家族手当が付くのか付かないのかのラインにしている会社もとても多いようです。 家族手当が初めからないという会社もあるようですし、家族手当があっても金額がまちまちのようです。ですが逆に大きな会社だと結構な額の所もあるようです。 103万円のラインは税金よりも家族手当がどうなるのかで超えないようにしている人も多いようです。

そして配偶者控除が今年(平成28年)に見直される見通しになるのが明らかになっているようです。 政府は専業主婦がいる世帯の所得税を軽くしり配偶者控除を今年にも見直す検討に入っているとのことです。配偶者控除を意識してか女性は就労時間を抑えるケースが多くなってきているため、働きやすい制度に改めて共働きの子育てをしている世帯を後押しする。 政府は、専業主婦やパートの主婦がいる世帯の所得税と個人住民税を軽くする「配偶者控除」を見直して、新たに主婦の収入に関わらず、一定額を旦那さんの所得から差し引く「夫婦控除」という制度の導入を検討しているようです。

配偶者控除の対象となる年収が103万円以下の規定は撤廃されることになるようです。

配偶者控除とは・・・
主婦の年間所得が38万円以下(給与なら103万円以下)の場合は、旦那さんお課税対象となる所得から38万円が差し引かれて、所得税や住民税の納税額が減る仕組みのことです。


夫婦控除になると、収入が多い旦那さんと、収入が少ない主婦の場合だと節税額が大きいが、収入が少ない旦那さんと、103万円を超えて目いっぱい働く主婦の場合だと、配偶者控除が受けられないというアンバランスが解消される可能性があるとされています。

主婦の「103万円壁」の心配がなくなるので、より多くの年収を得るために働くことが出来るようになるということです。 政府はこのようなことを導入して経済の活発化をするのが狙いのようです。

一部には少子化促進や労働人口の増加に伴う賃金の引き下げとも言われていますが、バランスをどのようにコントロールするのかが大きな課題になっているようです。

子供が小さいうちは、フルタイムで働くことは難しいことですが、保育園に預けることが出来るようになれば、9時~6時まで働くという主婦の人もいるようです。フルタイムで働けば子供と一緒にいる時間が減りますが、0歳児から預けることが出来るので、出産して少ししてから、フルタイムで働き始めるという人も増えてきているようです。 私や私の知り合いや友達には、フルタイムで働いている人はいません。

旦那さんの収入が少なくて家計を助けるために働いている人や、シングルマザーで働かざるをえないという人もいるとおもいますが、ブランクを作るのが嫌で無理にでもフルタイムで働いているという主婦も多いようです。

出産や子育てで社会から離れてしまうと、なかなか戻るのは難しいものです。 育児休暇があり、1年間は集中して子育てをすることが出来ますが、育児休暇を終えて会社に戻っても今まで通りに仕事できるかはわかりませんよね。

今自分がしている仕事を長く続けたいと思う人や、将来フルタイムで働きたいと思っているのであれば、できるだけブランクを作らないようにした方が良いと言われています。

子供が小さいうちは、育児・家事と仕事の両立は大変だと思いますが、子供が大きくなって手がかからなくなってくると、無理にて働いていた方が楽かもしれません。

このように103万円の壁のことを考えて、これからどのように働いていくのかを考えてみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP