103万円の壁 思うこと

103万円の壁について思うことについて

103万円の壁について思うことについて書いていきたいと思います。
私には、5歳の娘と3歳になる息子がいます。それを含めながら考えてみました。 そして旦那や知り合いが思ったことも書きます。

103万円以下というのは、給養所得控除の65万円+基礎控除の38万円で103万円となるので、全額控除になるので、所得税を払う必要がないということになります。 そのため103万円を超えないようにと働いている主婦の人もいると思います。

ですが年収が103万円を超えてしまうと控除は、本当に控除されないなのかというとそうではないようです。 103万円を超えてしまったとしても、103万円から141万円未満なら「配偶者特別控除」というものを受けることが出来るようです。 受けることが出来ますが、年収が103万円を超えてしまうと、段階的に旦那さんの控除を受ける金額が変わってくるようです。

これだけを見てみると、103万円を超えたとしても受けられるようなので、超えてもいいかもしれませんが、控除が受けられる金額が変わってしまうので、どうなのでしょうか。

これを考えてみると、はやり103万円以下で働きたいと考える人もいると思いますし、103万円から141万円未満までなら控除が受けられるから、気にしないで働くという人もいると思います。

私と旦那が話してみると、やはり「103万円以下がいいね」という話になりました。

まだ子供が小さいので、少しの時間しか働けないというのもありますし、フルタイムで働くことも出来ますが、子供と一緒にいる時間がもっと減ってしまうので、小さいうちは今のままでいいかと思っています。

子供がドンドン大きくなっていくと、親とう一緒にいることが自然と少なくなっていってしまうと思います。なので、一緒に入れるうちに一緒の時間を楽しみたいと思っています。 そして息子が喘息なので、良くなるまでは短時間勤務の方が良いと思っています。

103万円以下であれば、所得税を払う必要がないのでそっちの方が、家計的にはありがたいです。 103万円を超えてしまっても控除を受けられる金額が変わってしまっても、受けられるようですが、少しでも金額が変わってしまうのも嫌だなと思います。

大手企業で働いているような主婦であれば、すごく稼いでいるなら控除なしでもいいのかもしれませんが、私はそうではないですし、しっかり受けられる方がありがいたいと思っています。

少しでも変わってしまうのは嫌と感じる主婦の人は、私以外でもいると思います。

また中には、結婚する前から働いている所で出産してからも働きたいと思っている人が多いと思います。そしてそういった人たちは、ブランクが出来ないように、育児休暇を終えるとすぐに働くと言う人もいるのです。そしてフルタイムで働くようです。

保育園に預けて、フルタイムで働くことも出来ますが、そうすると、全部自分で保険や年金を払うことになります。毎月払うことを考えると、家計が厳しくなるのではないかなと感じました。 また保育時間を過ぎてしまっても見てくれますが、過ぎた分だけ延長保育料がかかってしまいますし、それが毎日だとそこでもお金がかかってしまうと思います。

このように色々な所でお金がかかってしまなら、私は103万円以下の方がお得に感じます。 考え方は本当に人それぞれなので、どちらがお得とははっきり言えませんので、1つの意見だと思ってください。

ですが、実際保育園に通っている子供のママさんは、短時間で働くようにしている人が多いように感じましたし、多くのママさんがお迎えの時間に迎えにいていたので、そういった人は、短時間で働いているんだろうなと思います。

また私の友達のママさんも、短時間で働いている人が多いです。 それだけを考えてみると、皆103万円以下になるように考えて働いているのかなと思います。 また子供が小さいうちは、一緒にいる時間を大切にしているのだと思いました。

おじいちゃん・おばあちゃんなどと一緒に住んでいて場合は、生活していくのに全額お金を払うことがないと思うので、その分余裕があるかもしれませんが、夫婦と子供だけで住んでいると、全額自分達で払うことになりますし、お迎えもどちらかが行かなくてはいけません。ですが、おじいちゃん・おばあちゃんがいて毎日かわりにお迎えに行ってくれるようなら、時間を気にしないで働けるのかもしれません。

なので、どういった働きをするのか夫婦で話し合い、働き方を考えるといいと思います。 103万円以下が良いと思うのであれば、そのような働きをするといいと思います。

そして考え方が違うので何とも言えませんが、私は子供が小さいうちは少しでも子供と一緒にいられるように、短時間勤務が良いと思います。 そして子供が大きくなると、今以上にお金がかかると思うので、今のうちは103万円以下に抑えて、所得税を払う必要がないように働いていきたいと思います。 そして少しでも家計が苦しくならないように働けたらと思いました。

ということで、私は旦那の扶養内で働く方がいいと思いました。

↑ PAGE TOP